© 2018 by irieayumi of Site. Proudly created with Wix.com

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
newparty_logo.png

【豊島区からあたらしいあたりまえを!】

①子育て・子ども・教育支援~子どもから輝く街へ~

私は、ひとり親家庭で親子仲良く生きてきましたが、お金が無ければ実現できない現実にストレスを感じていました。

ひとり親や貧困家庭では『したい』けど『できない』という諦める事が多くあります。

子どもが生まれた環境によって夢を諦めてしまうことがないように、親への負担を減らし、子どもが将来に希望の持てる街にしていきます。

 また、豊島区は、待機児童が0とされていますが、保育園入所を申請する前に諦めてしまったり、4月以降に生まれた子どもの預け先がなくて困っているという区民の声も伺っています。

保育園入園時期の柔軟化を目指すなど、もっと子育てしやすい街を目指します。

児童虐待に対する区民の皆様の危機感も高まっています。

豊島区内の要保護児等の新規の相談・通告件数が過去5年で1.5倍以上に増えました。

相談支援拠点・窓口をより拡充することで、児童虐待の早期発見を促し、児童虐待撲滅を目指します。

 

  • 子どもの貧困問題の早期解決を図ります!

  • 保育園に年間を通じて入れるような仕組みを作ります!

  • 病児・病後児保育、休日保育、一時保育等の充実と対象年齢の引き上げを実現します!

  • SNSなどで利用できる通報窓口の設置や区立校へのスクールロイヤーの導入を提言し、児童虐待の早期発見に向けた相談支援拠点の整備を行います!

 

②若者支援・教育改革~若者から支える街へ~

学歴や無資格により仕事を選べない。非正規雇用で生活していくので精一杯。上京組で相談できる知り合いが近所に居ない。すべて私が困ったことです。高齢者・子育て支援はよく聞くけれど、未来を支える若者への支援がなかなか無いことが不思議でなりません。

豊島区は、15歳~24歳までの転入数が転出数の2倍以上ある若者の移住のとても多い区です。将来を担い、高齢者を支える若者への支援を増やし、真の誰にでも優しい街を目指します。

また、若者の貧困は、貧困の連鎖を生み、子どもの貧困・格差の固定を生み出します。貧困の連鎖を断ち切り格差を解消するような教育改革を提言していきます。

 

  • 学生及び勤労単身者向け民間賃貸住宅家賃助成制度の導入を提言します!

  • 暴力・ハラスメント被害相談窓口の開設を目指すほか、予期せぬ妊娠の相談機能の拡充や里親や特別養子縁組の推進に取り組みます!

  • 区立校で早期・適切な性教育を進め、子どもたちの将来を守ります!

  • 子どもが家庭環境に左右されることなく自由に学びや体験することができるように、教育バウチャー制度導入を推進します!

 

③多様性を実現~誰もが共生できる安心・安全な街へ~

 

私はアニメや漫画・音楽、サブカルチャーが大好きないわゆる「オタク女子」です。最近ではオタク文化への理解も広まりましたが、少数派の趣味・職業・国籍・LGBT等に対する差別・偏見はまだまだ存在しています。偏見の壁を取り除きお互いが理解しあう皆がイキイキ暮らせる次世代型都市を目指します。

また、豊島区は外国人の方も3万人を超え、区を支える、なくてはならない存在となっています。一方で、文化の違いからゴミの出し方等のトラブルがあることを伺っています。日本の文化やルールを伝える人材確保に努めるとともに、自らもパイプ役となって、誰もが共生できる社会を実現します。

 

  • 表現の自由を守ります!

  • 同性・異性を問わずカップルであることを宣誓した両者の関係を証明する「パートナーシップ宣誓制度」の導入を目指します!

  • 地域コミュニティと連携した防犯強化で子ども・女性が1人で歩いても安心・安全な街を目指します!

  • 行政や区内の多言語対応をより一層充実させるとともに、日本の文化やルールを伝える人材確保し、外国籍住民との共生を図ります。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now